運営者情報

運営者プロフィール

・運営者名

山下

・ギャンブル歴

24年

・好きなギャンブル

パチスロ、ときどきパチンコ

・ギャンブルを始めたきっかけ

弟がパチスロをやっているのを知り、近くのパチンコ屋でHANABIを打ったのがきっかけ。
それからはパチスロ台に関しては、地元にあるものは基本的にすべて打ちこんだと思います。

・なぜギャンブルにハマったか、ギャンブルをする理由

はじめはド○クエのカジノコーナーにあるスロットくらいのイメージだったが、実際にパチンコ屋でスロットを打ってみると、自分の腕で出玉率が変わること(技術介入)で実力で他人に差をつけられることや演出、出目の面白さ(リーチ目など)によりパチスロの奥深さに吸い込まれて行きました。もちろん勝った時の興奮も大事ですが(笑)
昔はイベントの日には並び順だったので朝早くから並んだり、年1回クラスの大きなイベントには前の日の閉店と同時に並んだりと、1日のほとんどをパチスロに費やすほどハマっていました。
現在は大きな声では言えないが、パチスロの収支で生活をしているので、ご飯を食べるためにギャンブルをしています。

参考:パチンコだけで生活できるのか?

 

・どれくらいの頻度でギャンブルしているか

基本的には出玉に期待できる日(昔で言う7の付く日はアツい!など)の日は必ず出勤(笑)しています。
あとは、週に5日ほどは必ずパチンコ店に出向き、この回転数から打つと理論上勝ちやすいと言う期待値を狙った勝負をしています。

・どのギャンブルを、どんな賭け方することが多いか

基本的にはパチスロのみ。パチスロはいわゆる20スロのみ。
たまに友人との息抜きで1円パチンコを遊ぶ程度。

・一番勝った思い出

5号機時代にパチスロ【北斗の拳 転生の章】という台で、確か昼ごろから北斗揃い。そこからATが終わらず閉店終了。一撃2万枚オーバーの出玉を獲得しました。

・一番負けた思い出

実は大負けはあまりありません。強いて言えばプラス収支で終わろうとした矢先に4号機Aタイプで1500ハマりをくらいマイナス収支になってしまったことがあります。忘れもしないドンちゃん2でした。
大体負ける時は期待値が理論どおり動いてくれなかったとき。金額で言うとおよそ3万円前後くらいになるかと思います。

・生まれ、出身地

福岡県福岡市

・年齢

39歳

・出身大学、学科、専攻、何を学んだか

高卒で、一応商業科に入学したが、高校3年にあがるころにはパチスロにどっぷりハマっていたため、ほとんと勉強をしていません(笑)

・職歴、経歴、肩書き、どんな仕事をしてきたか

実家が自営業を営んでいるため、実家の仕事があるときは手伝いをしています。基本的に忙しい業務ではなかったため、一般的な社会人がもらうほどのお給料も頂けず、時間だけはたくさんありました。それも相まってかパチスロに割く時間が多く、期待値打ちをメインに収入を得ていました。

・趣味、特技

麻雀が趣味で、現在スマホアプリにもある麻雀ゲームで、当時ゲームセンターでオンライン対決をしていた頃、某県で1位を獲得したことがあります。リーチをかけてきたら基本的に振り込みはしません。多分(笑)

・現在の仕事内容

現在は自営業も店をたたんでおり、実はパチスロ一本で生計を立てています。
とはいっても、皆さんがイメージするパチプロほど収支は上がっていません。年間で言うと180万前後程でしょうか。
自分は家が親が残してくれたものなので家賃や住宅ローンなどが存在せず、これでも十分生活していけるのです。
あとは不動産収入が少しだけあるので、それで何とか生活は成り立っています。
期待値を狙ってシビアに勝負すれば、おのずと収支はついてくるものです。
なので、仕事内容を問われるのなら、スロプロ(もしくはスロプー)です。

経歴・職歴

・1983年 2月16日産まれ。
・2000年 パチスロ【HANABI】と出会う。
・2002年 パチスロ雑誌にあった詐欺攻略に5万円を投資してしまう。
しかし、オカルト攻略だったため無駄金になる。。。はずが、なぜかその攻略法で収支が100万円を超えてしまう。
・それ以降  本格的にハイエナや期待値打ちを意識し始める、スロプロの道を歩み始める。”

代表者挨拶

ギャンブル全体に言える事かはわかりませんが、少なくともパチスロは自己紹介でも述べたように、本気で取り組めば仕事として成り立つのかな、と個人的には思っています。

もちろん、自分で飯を食うためには打ちたい台を打てるわけでもないし、逆にいえば面白くもないク○台も期待値があれば打たないといけません。ここを作業と思って割り切って出切るのであれば生きていくための手段として考えられるのでそういった意味で言うと良いもの、と考えられると思います。

ただ、やっぱり生活のためだけにやっているとつまらない、が先行してしまい、それだとあまり魅力を感じなくなってしまうので、たまには友達と好きな台をうって『遊ぶ』ことも大事だと思っています。
もちろん、その時は収支度外視で遊ぶので、20スロでやってしまうと吐き気がしてしまうほど負ける事がほとんどなので、10スロくらいで友達と並んでスロットを楽しんでいます。

自分は、生活のためであったり、友達とのコミュニケーションであったり、人生に必要なおおよその要素を持っているので、ギャンブルにはたくさんの感謝がありますから、こういった考え方をいろんな人にも知ってもらいたいかな、とは思っています。”

記事の編集方針

ギャンブルというとどうしてもお金の使いすぎ、借金、破産、友情や家族関係のもつれ、などマイナスなイメージを持たれがちなので、ギャンブルに対する向き合い方も考えてもらえるような運営を心掛けたサイト運営を行っていきたいと考えます。

参考:依存症のと付き合い方について

ギャンブルだって、使いようによっては貯蓄、コミュニケーションの構築など、自分にとってプラスになる要素もきちんとあります。自分が実体験による経験談があるので、ぜひ利用者に共有していきたいと思います。
どのギャンブルにも共通して言えることかと思いますが、どうしても射幸性がある以上、大多数の人は想定していた以上にギャンブルにお金を使ってしまう経験をして、辛い経験をされてきた方がほとんどだと思います。

新台などの有力な情報や楽しい打ち方の案内はもとより、現実的に難しいかもしれませんが、今後辛い経験をしないようにユーザーのメンタルに寄り添ったコラムを展開するなど、他のサイトに無いような【プラスワン】が提供できるようなサイト作りを意識したいと思います。

利用者様の声も拾えるように質問も常時受け付けていき、改善案や指摘があれば切磋していきながら、ギャンブル未利用者でも理解を頂けるようなサイトを運営したいと思います。

コメントは受け付けていません。